製造業DX / 製造業のお悩みや課題とIT・IoTで解決

製造業のデジタル化による効果や課題を解説

AIやIoTを用いたデジタル

SEIZONEバナー1

製造業は昨今デジタル化を進めようと検討する企業が増えており、メディアなどで紹介されることもあります。製品やサービスを活用する人の生活に対しても、効率化など様々なメリットが生まれてきます。

またビジネスでもデータやデジタル技術によって、より安全に商品の製造について一元管理できるようになります。しかし課題も多数あり、DX化は解決しながら進めなければなりません。ここではDX化による製造業へのメリットと、解決すべき課題をピックアップしていきます。

製造業のデジタル化とは何か

昨今、製造業だけでなく様々な業界で作業などのデジタル化が急ピッチで進んでいます。メリットやデメリットを考慮しながら取り入れる背景にはコスト削減や生産性向上など、様々な利益を期待している状況があります。それは製造業でも同じで、消えていく可能性がある個人の技術を残していくことができます。またデジタル化によって共有することもできるので、より社員のスキルアップにも活用することができます。

製造業でも最近のコロナ禍の影響が出ており、人材を多く投入できない問題などが顕になっています。またビジネスモデルは時代とともに変化しており、顧客や社会のニーズも変わってきています。そこで生産性や品質向上などを期待してデジタル化を検討しますが、これは過去のデータやデジタル技術を利用していきます。素早い変化を求められるので、それ相応の企業文化や風土の変化もデジタル化では進んでいくことでしょう。

期待できる製造業のデジタル化による効果

AIやIoTを用いたデジタル

製造業においてAIやIoTといった、デジタル化を進めることによってメリットが色々と過程の中で出てきます。生産性の向上にも役立てることができますが、代表的な期待できる効果として4つ挙げられます。

マンパワーの調整や社員が安全に作業ができる

製造業において各工程でマンパワーを調整しなければならず、コストも時には増えてしまうことがあります。その中でデジタル化を行うことによって、マンパワーを減らしてもクオリティを下げずに対応することができます。人的作業を少しでも負担を減らすことができれば、人員配置の再検討などを行ってコスト削減や収益拡大につなげることができます。

具体的な業務では、製造工程で検品や製品などの管理をデジタル化にすることができます。AIもしくはIoTを活用して人員を削減したり、毒薬などを使う危険な作業もロボットに任せると人を置く必要がなくなります。また社員を安全な場所で作業を行えるようにもなるので、各工程を安心して任せることができます。

データによって生産体制を安定させることができる

製造業DX 見える化

生産体制をデジタル化することによって、より最適な環境を生み出すことができます。在庫の最適化をデータ分析することによって、より効率的に資材などを管理することができます。仕入れだけでなく在庫状況を確認しながら、コスト削減を目指すことができます。

また機械学習によって生産体制や工程について状況を確認しながら最適化を目指していくことができ、不良品などのリスクを減らすことも可能です。クオリティを保ちながら、コストなどをデジタル化によって最適な状態へ持っていくことが期待できます。

時短やコスト削減を実現することができる

新商品などの開発が製造業で発生することもあり、そこにかける時間は自然と増えることでしょう。また製造でも時間やコストはかかり、デジタル化が行われていないとマンパワーや仕入れなどでコストを多くかけてしまうこともあります。その中でデジタル化によって商品開発などにかける時間を減らすことができるだけでなく、製品化する際の工程などを効率化してスピーディーに生産することができます。

特にIoTによって情報を集め、蓄積したデータを機械学習で分析して開発時間などを短縮可能です。顧客ニーズが常に変化する中で、状況を把握して対応することもできるようになります。またデータ分析をデジタル化して、設備や機器を管理することも可能です。そしてトラブルも予測できるので、開発から生産までのロスをある程度避けることができるようになります。

習熟した技術を継承し平準化する

社員はスキルの差もあり、新人は覚える上で時間がかかってしまいます。そこでデジタル化を活用することによって、細かい技術が求められる製造業のスキルをスピーディーに引き継がせることができます。ベテランのスキル継承ではAIを活用しながら、徐々に内容をデータ化していきます。

そしてAIに情報を継承していくことで、社員が情報を仕入れてスキルを手に入れることができます。また多言語化にも対応しているので、海外から来ても同じ内容を習得することが可能です。人材育成にかけるコストを抑えながら、クオリティを一定に保てるスキルを社員がデジタル化で手に入れられることでしょう。

製造業のデジタル化は課題も多い

製造業の職人

様々な工程で徐々にデジタル化をしなければ、製造業で長期的な発展もしくは維持を昨今行うことができません。デジタル化が時代とともに避けて通れない中で、導入している企業では様々な良い効果が出ています。その反面デジタル化を進める際には、様々な問題に直面します。製造業において直面する課題をクリアしながら、円滑にデジタル化を進めることが重要です。製造業でデジタル化を進める中で、取り組むべき課題が大きく分けて3つあります。

デジタル化に対応できる人材確保が必要

現状雇っている人材の中で、どのくらいデジタル化に耐えられるかどうかがポイントです。耐えられずに流出してしまうと、どうしてもデジタル化が遅れてしまうことでしょう。デジタル化を進めるにあたって、スキルをちゃんと持っている人がいるかどうかが重要です。

もし足りない時には人材確保が必要で、デジタル化のスケジュールに間に合わない時には早めに動く必要があります。昨今各業界でICTなどのIT関連のスキルを持っている人材は需要が高く、時には全く人材がいないケースもあります。いくら雇用を促進しても、人材確保が厳しいこともあります。マンパワーは必要で、時期によってはデジタル化に対応できる人材確保は大きな課題になってしまうかもしれません。

最適な環境を作るためのコストが必要

製造業と全く関係ないとデジタル化を進めていない時には、いざ機器などを導入仕様となると多額のコストが必要となります。サーバなどを導入しようとすると、工事費用などもかかるので下手すると億単位になってしまうこともあります。あらかじめ高額な初期費用を準備して、徐々に経営面でデジタル化を進める時には機器などを導入していくといいでしょう。そのスケジュールも検討が必要で、一気にコストを掛けてデジタル化を進めると収益が追いつかず赤字になってしまうこともあります。

デジタル化を例えば生産ラインや定型業務といったワンポイントで導入しながら、メリットとデメリットを理解していきましょう。そして問題なければデジタル化に向けた投資を進めて、生産工程などに活用していきましょう。

デジタル化におけるセキュリティ対策の検討

データなどを蓄積する上で、それらは重要な資産となります。スキル管理や新商品などの開発に関する機密情報になることもあり、内部だけでなく外部からも守らなければなりません。デジタル化を進める上で、どうしてもセキュリティについては問題視されます。ある程度構築しても、穴があると盗み取られることもあります。企業内でセキュリティに関する意識を高めることも、デジタル化を進める時には重要です。

大きな損害をセキュリティ侵害によって被らないように、外部から情報を守れるソフトウェアなどを導入したり社員教育が求められます。その時間やコストもどうしてもかかってしまうので、環境構築以外でも課題となってくることでしょう。

さいごに

生産工程などでデジタル化が昨今進んでおり、顧客ニーズに応えられる商品開発にも活かされています。収益確保にも活用できますが、社員スキルなどを平準化できるといった内部統制でも利用可能です。ただし効果を期待したいところですが、設備投資や人材確保そして社員教育でコストは大きく掛かってしまします。リスクマネジメントを着実に行いながら、問題点を改善しながらデジタル化を進めていきましょう。

SEIZONEバナー3