製造業DX / 製造業のお悩みや課題とIT・IoTで解決

オウンドメディアって何?製造業での活用方法について解説

オウンドメディア

SEIZONEバナー1

近年、コロナウィルスの拡大により、従来の集客方法だけではビジネスを継続していくことが困難な時代になってきました。製造業においても他人事ではございません。この社会情勢の大きな変化は根本的な営業スタイルから脱却しなければなりません。「昔からのお客様がこれからも継続して取引してくれるだろう」という楽観的な視点では、いずれ立ち行かなくなってしまう可能性もあり、時代の変化に対して、柔軟に対応していく力が必要です。では、これからの製造業は時代の変化に対応するためにはどのような対策を行っていけばよいでしょうか。

その一つとして、営業販路の拡大、新規顧客取引の獲得のために、コンテンツマーケティングが注目されており、その土台となるオウンドメディアの重要性が高まってきております。そのため、BtoCだけではなく、BtoBの製造業という業種においてもコンテンツマーケティングは求められており、今回は「オウンドメディア」をご紹介していきます。

オウンドメディアとは

オウンドメディア

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有(Owned)するメディア(Media)を意味しています。企業が所有するホームページ、ブログ、SNSアカウント、などの企業がコントロールできるコンテンツのことを、オウンドメディア(Owned Media)と呼びます。また、企業が運営するウェブマガジンや企業が発行している冊子などの物理的なメディアもオウンドメディアに含まれます。

製造業でも高い集客効果が見込めるマーケティング施策です。媒体に費用を支払い掲載するペイドメディアや、インフルエンサー、個人ブログ等の第三者を介しPRするアーンドメディアに対して、オウンドメディアとは各メディアに不足している情報をカバーし、効果的にアプローチができることが特色とも言えます。

製造業におけるオウンドメディア活用のメリット、課題

「顧客から見つけてもらう」

広告費を支払っているペイドメディアからの入り口だけでなく、オウンドメディアが存在することで今まで認知されてなかったであろう潜在顧客への接触を狙います。特に製造業となるとこれまでは営業担当が情報源であることが多くあった時代でしたが、昨今では各々が検索エンジンを利用することが一般的となり、必要な情報や解決策を付き合いのある担当者から教えてもらうのを待つ、のではなく自らが探すという手法が増えました。

結果、同業他社との比較検討される機会が増え顧客の目に触れることがない企業が多く存在する、という状況になっています。
オウンドメディアを運用することで顧客の「悩み」からサイトがヒットし、直接営業をかけずとも顧客自ら自社サイトを見つけてもらうことが可能になります。

「顧客ロイヤルティの獲得」

コンテンツ自体を企業自らがコントロールすることができ、商材やサービスに対しての思いを上手にアピールすることが可能なため、顧客に対し認知度や信頼度を高めることができます。そうした結果、オウンドメディアでは時間はかかるものの、継続的に発注をする、他社商材との比較をしない等の、“顧客ロイヤリティ”を高められます。

「費用削減」

オウンドメディアが出来上がり、顧客の目に触れるようになれば費用をかけてアプローチをせずとも広告費等を支払わずとも安定的に集約に繋げられます。そのため、オウンドメディアをうまく活用することができれば、費用対効果を大きく高められることができます。

製造業におけるオウンドメディア運用のコツ

3Cを使ったキーワード選定

まずは検索者の悩みにもっとも解決できると判断されるような記事にすることです。自社製品への思いや特色だけを押し付けるのではなく、検索したターゲットの関心事を踏まえているのかが重要です。その為には、自社のターゲット層がどのような悩みを持っているのか、そういった顧客は今どのような状況下なのか?を洗い出します。ターゲットになった気持ちでどのような言葉で検索をするのか、も考えて選定します。

また同業他社がどのようなメディアを運営しており、どういった検索キーワードを使用し、自社製品のアプローチへ繋げているのかも把握しておきましょう。これは3C分析といい、「顧客(Customer)」、「競合他社(Competitor)」、「自社(Company)」の頭文字3つをとった環境分析手法のことを指します。3C分析をしっかり行っておくことで、顧客を理解し自社の進み方を見出すことができます。また同業他社には無い自社の強みを見つけてアピールすることも可能になります。
キーワードが固まったら、タイトルや見出しに選定したキーワードを盛り込むことや、検索者が悩んでいる話題に触れていくようにします。見込み顧客に対し、「(検索してきた悩みに対し)、このように課題解決へ繋げられる」「つまり、自社商材を使用することでこのようなことができる」等、想像ができるよう具体的な解決方法の説明を行うことが効果的と言えます。

製造業におけるオウンドメディア事例のご紹介

製造業界の工場

製造業界において、オウンドメディアを活用した事例を2つご紹介いたします。

事例①:キーエンス株式会社

精密機器メーカーであるキーエンス株式会社では、いくつかのウェブサイトを運営しております。その中でも、「画像処理.com」は、画像処理をまだ知らない人、これから学ぼうとしている人に向けた情報を発信しております。しかし、コンテンツの内容は、画像処理によってどのような課題を解決することができるのか、自然な流れで自社製品に関心を持ってもらうような仕組みを構築しており、新規顧客との取引を獲得し、拡大していっています。

事例②:パナソニック株式会社

老舗製造業であるパナソニック株式会社が運営する「制御機器知恵袋」は、「制御機器」に関する製品の情報を多く発信しています。内容は入門レベルや用語の解説など、初心者向けに作られています。また、ページによっては、顧客それぞれが持っている課題を解決するためのソリューションを事例とともに紹介しています。そうして製品カタログをダウンロードさせ、顧客をウェブページから離すことなく、リード獲得ができる動線を作るような仕組みがあります。

オウンドメディアの運営体制

オウンドメディアを運営するためには、定期的にコンテンツを作成し、発信していく体制を構築する必要があります。ただ、製造業の企業では、このようなオウンドメディアを専門に業務を行う組織や担当を組成することは難しい傾向にあり、ほとんどの場合は広報・マーケティング担当などと兼任する場合が多いと思われます。兼任の場合であっても、最低限運用ルールは決める必要があります。

まずはKPI(Key Performance Indicate)を設定し、目標を持つことが大事です。加えて記事作成におけるレギュレーションを定める必要があります。ターゲットは誰なのか、1記事あたりの文字数は何文字か、コンテンツはいくつにするか、画像や図・イメージは貼り付けるか等々、一定のクオリティを保つためにも明確なルールを決めることが必要です。

まとめ

今回は製造業におけるオウンドメディアの活用について、ご紹介してきました。ウェブ集客やマーケティングなど、BtoBをメインに事業を行っている製造業では一見、遠い話のようにも思われがちですが、近年では重要な集客手段の1つとして、挙げられております。様々な課題を抱えている製造業の経営者および営業のご担当者の皆様は、中長期的な視点で資産ともなりうるオウンドメディアについての運営を着手し、新たな集客経路を確立するための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

SEIZONEバナー3