製造業DX / 製造業のお悩みや課題とIT・IoTで解決

製造業に必要なRPAとは?-自動化ツール導入のメリットと注意点-

RPAの導入

業務効率化を目指す上で製造業でも昨今デジタル化を進める企業が増えていますが、組織自体の生産性をアップさせるためにRPAを導入するケースも多くなっています。自動的に様々な処理を行っていくRPAを、製造業でどのように活用していくか把握していきましょう。そしてメリットとデメリットを確認して、実際にRPAを導入するか検討していきましょう。

RPAのメカニズムを理解して導入を検討する

導入に悩む女性

RPAは作業などを自動化できるツールで、人間が例えばパソコンを利用して行う日々の定型作業を覚えさせて自動的に処理していきます。ソフトウェアへ代替することで、機械によって自動処理を行うことができるツールとなります。特にデータについてはダウンロードや集計作業など、バックオフィス関連の業務を自動化させることが注目されています。製造業は基本的にバックオフィス業務が数多く存在しており、そこをRPAによって自動化することで効率的に進めることができます。

生産性も向上していきますが、RPAは手順やルールも明確にすることが可能になります。関連する業務にRPAは適していて、例えば工場で各工程で内容を分けてRPAが活用できるか判断することができます。該当する作業を自動化すれば、よりコスト削減などにつなげることができます。導入する時にはコストなども確認しながら、該当する自動化できる作業を見つけておきましょう。

RPAを活用して生まれるメリット

メリット

RPAはこれまで人の力によって行われていた様々な作業の中で、単純作業や定型作業について自動的に処理できるように内容を学習させて利用します。様々な作業を自動化することができますが、そこで生まれるメリットも色々とあります。

バックオフィス関連の定型業務の効率化

在庫管理やデータ分析や収集といった、バックオフィス関連における定型化作業をRPAでは自動的に処理できるように覚えさせることができます。製造業は様々な定型業務があり、バックオフィス関連が多いです。

それらにデジタル化が進んでいなければ、人員を割いて対応しなければなりませんでした。バックオフィス関連の業務は利益を生み出す上では直接的に関係せず、サポートするために生じる作業になっています。この内容を自動的に処理できるように対応していけば、そこに割いていた人員を利益を生み出す営業などに動かすことができます。 またバックオフィス関連の業務に従事している人員も、より負担を軽くすることができます。これがモチベーションアップにもつながって、快適に仕事をすることができます。これが離職率を下げる要因にもなり、RPAのメリットとなります。

作業で生じる異常を自動的に検知する

RPAによって作業で生じる異常を、自動的に検知して処理していくことができます。これまで製造業の中で生じる異常は、人の目視であったり様々な手作業で生じるケースが多かったです。目視などでチェックしていけば、長時間の仕事だとヒューマンエラーが生じることもあります。また人的コストもかかるので、業務においてはコストもリスクも生じます。 これをRPAによって自動的に異常検知できるようにすれば、設定した内容通りにロボットが確認していきます。長時間同じ作業が疲労なく行えるので、ヒューマンエラーも減らせます。

そして品質チェックによって省人化を行えて、より検査精度をアップさせることが可能です。リソースもマンパワーなどを抑えることができるので、コスト削減にもつながります。

業務で生じるランニングコストを減らせる

RPAは導入すればマンパワーでこなす作業を自動的に処理できるように対応できるので、経営活動を進める際に生じる人件費などのランニングコストを減らすことができます。

少人数で対応できるようになるので、財政を圧迫しやすい人件費を中心に減らせれば利益にもつながります。設備投資などに資金投入もしやすくなり、より企業の成長につなげることも期待できます。

品質向上が期待できる

RPAだけでなくAIも組み合わせると、より精密な作業も任せることができます。その中でも品質チェックは人間のスキルに頼っている部分が多かったですが、これもデータを登録しておけば品質のばらつきを解消することができます。

プログラムに従ってチェックを行うので、決まった精度で品質チェックを常に行えます。人間のような疲労などを抱えることもないので、パフォーマンスは常に最高の状態を期待できます。均一の品質を提供することによって、顧客満足度をアップさせることでしょう。

製造業でRPAを活用する代表的な業務

業務の自動化

様々な業務をRPAによって自動化することができますが、製造業でも数多く存在します。代表的なRPAによって自動化ができる業務を把握しながら、活用できるかどうか検討していくといいでしょう。

在庫管理はRPAによって自動化ができる

製造業では在庫管理を行うのは非常に重要で、数多くの商品を取り扱っていく中で人員を多く割かなければならない状況も出てきます。常に正確に管理することが在庫管理では求められますが、煩雑になる時にRPAを活用することで自動化にすることが可能です。 在庫管理を自動化にすることで、適切に発注などを行えるように対応することができます。例えばRPAで在庫管理システムを自動化にして、メールなどで現在の在庫数やスケジュール機能へ自動的に出荷予定日を入力させる機能を持たせることが望ましいです。

また在庫不足が緊急で起きた時にも、担当者に対して自動的にメール送信することも可能です。欠品や在庫が余り過ぎている状況もひと目で把握できるだけでなく、人の目でチェックしないのでヒューマンエラーも回避できます。これで工数を削減することができ、コストも注視することができるようになります。

出荷や受発注でも活用できる

RPAによって受発注もしくは出荷についても管理し、作業を自動化することができます。発注業務ではデータをシステムからダウンロードして、発注書を自動的に作成することが可能です。作成後もメールソフトを自動的にRPAが立ち上げて、自動的に仕入先に添付して送信することができるようになります。一連の作業は自動的にRPAで行うので、作業時間も省略することができます。

受注業務では取引先からメールを受け取ったら、添付ファイルがあればパスワードを登録しておけば自動的に開封することも可能です。また所定の場所へRPAが自動的に保存してくれるので、情報整理にも役立てることができます。

バラバラのデータフォーマットを自動的に変換する

製造業では受発注業務でデータフォーマットが異なっていることがあり、各取引先で使用するソフトウェアが異なることもあります。操作方法もそれぞれ理解しなければならず、作業の負荷がかかってしまうこともあります。ヒューマンエラーを引き起こす原因にもなりますが、これをRPAによって統一できるように自動的に処理していくことができます。

そして状況確認を取引先に行う時に、本来担当者が電話もしくはメールで状況を確認することがあります。量が多いと工数も多くなってしまうので、RPAを利用して取引先へ自動的に送り状を発行してもらうことも可能です。

遠隔監視が可能になり自動アラートを出せる

生産関連で故障が発生した時にも、RPAは役立てることができます。故障した時に在庫の確認を促したり、出荷停止を指示させることもRPAによって自動的に処理することができます。IoTも活用するとリアルタイムで監視できるようになって、自動的に担当者へアラートを送信します。これでスピーディーに故障対応することもできるため、重宝することでしょう。

さいごに

在庫管理やデータ分析などを人力に頼っていた中で、経営を時には圧迫してしまうランニングコストなどを大きくRPAが減らすことができます。様々な業務を自動化させることで、製造業として提供する商品やサービスの品質も均一にすることが期待できます。

コストなどを考えながら、最初は部分的に取り入れましょう。そして内容を確認しながら、徐々に自動的に処理できるように設備を導入していくことが大切です。製造業でRPAを活用する代表的な業務 様々な業務をRPAによって自動化することができますが、製造業でも数多く存在します。代表的なRPAによって自動化ができる業務を把握しながら、活用できるかどうか検討していくといいでしょう。