製造業DX / 製造業のお悩みや課題とIT・IoTで解決

製造業の生産性を上げる、効率化をするためには?

製造業dx

SEIZONEバナー1

日本では製造業が各方面で、主に生産性などを効率化させながら収益を出していくために昨今デジタル化を進めています。DXとしてAIやIoTなどを活用しながら、製造などの工程に活用しています。生産性などを効率化することができますが、導入する時に考えるポイントも色々とでてきます。

検討していく中で押さえておくべきポイントを把握しながら、製造に関して効率化を狙っていくことができます。効率化を図るポイントが製造業DXではどこに存在するか、様々な観点から見ていきます。

製造業DXが昨今求められている理由

スマートファクトリー

日本では国際競争力の低下を受けて、最近製造業はデジタル化を進めてコストダウンなどを狙っています。国際競争は年々激しくなっており、製造業でも追いつかなければならない状況にあります。収益面でも世界各国でDXを実現している企業から遠く離されており、競争力も日本では低下しています。

日本の製造業では現在人件費の安さや、製品を作る際にローコストになるように考えられています。しかし生産を行う各国の中で新興国を中心にライフサイクルが徐々に早くなっており、日本よりも格安で提供される製品が好まれる傾向にあります。

その中で昨今日本では製造業DXとして、スマートファクトリーという最先端のデジタル技術を活用する傾向にあります。これで生産に関して効率化を図っており、簡略化によるコストダウンなどを実現しています。マンパワーも最低限にして、今後も高品質な製品をデジタル化によって生み出すことができることでしょう。 また新型コロナウイルスが昨今流行していることも影響しており、製造業でも順調な企業と不調になった企業が別れています。半導体などの資材も昨今入手困難になり、より在庫管理などを注視しなければなりません。

その中で製造業DXを活用しながら、マンパワー不足を補いながら生産などを効率よく行えるように配慮しています。データを活用しながら生産性やクオリティの向上に努めながら、人件費などのコストダウンを実現しています。また分析しながら、企画や開発などに活用できる点も魅力的です。

製造業DXを検討する時に考えるポイント

ポイント

現在の競争を勝ち抜いていくために、製造業DXは各企業避けては通れません。効率化を促すだけでなく、コストダウンなどに活用できるためです。しかし検討していく中で問題点などを正確に捉えていく必要もあり、時間をかけながら検討しなければなりません。そこには製造業DXにおける攻めと守りの方針を設け、対応していけるように考えていく必要があります。

企業を守るため業務効率化とコスト削減を目指す

製造業DXの中でコスト削減や業務効率化を目指す中で、生産性向上や作業ミスなどを減らし信用を維持することが重要です。ミスなどを減らすことで企業を守っていくことができるので、製造業DXを取り入れるメリットも生まれてきます。

紙などに入力するアナログ業務を減らしたり、老朽化した生産工程などを改善することも可能です。問題点の洗い出しもクレーム共々見つけることができるため、トラブル回避にも役立てることができます。

新たなサービス提供で変革を目指すことができる

製造業を今後も継続させていこうと画策する中で、デジタル化を進めながら新事業の確率も狙うことができます。ビジネスモデルが時には大きく変わることも想定されますが、新たな価値を創造する点は製造業DXのゴールにもなります。

製造工程などを変えていくことができるので、よりスピーディーに製造することも可能になります。また営業やサービス提供の観点では、顧客ニーズなどを集約しやすくなります。先行き不安な世の中で、しっかりと情報やデータを活用しながら戦略を立てていくことも可能です。

SEIZONEバナー2

製造業DXを効率よく導入する

製造業DXを検討していく中で、成功するために重要なのは段階的に考えていくことです。徐々に様々な工程を製造業DXに転換していきながら、収益モデルが変わっていくか判断することになります。また付加価値がつけば、製造業DXが成功したことになります。しかし段階的に進めなければ、時には収集したり分析したデータが現状と一致しないこともあります。ステップを踏みながら、製造業DXを導入していくようにしましょう。

最初は現場の状況を理解してイメージを作る

製造業DXを様々な工程で導入していこうとする時に、最初は実現した時にどのようなメリットや変化がでるかイメージを作り出すことです。これを社内全体で共有していくことによって、製造業DXが実現していくことでしょう。DXを導入して実現させる社内環境のイメージを作り出して共有していく中で、現状抱える作業での課題を見出すことができます。

これが具体的になると課題について、解決していく方法を考えていくことも可能です。そしてDX戦略も立てやすくなり、スピーディーな対応も考えていくこともできます。ただ製造業DXの推進については、各部門で取り組むのは危険です。効率が悪化するので、経営陣が検討しながらDX推進に関する部署を立てるのも効果的です。スケジュールなどを検討しつつ、社内全体で取り組んでいくようにしましょう。

方針を練ってから人材を確保してデータを集める

製造業DXで解決したい課題などを見出して、導入後の具体的なイメージを作り出したら動き出しましょう。明確になっていると目的達成に向けた動きも活発になり、必要な人材やデータを確保していく上でも精査しやすくなります。データを収集して分析しながら市場がどういうニーズを作り出しているか、これを把握して製造業DXにも活用していきます。クオリティを維持するだけでなく、新たなニーズを見出すことも可能です。

業務の効率化を目指して検証などを随時行う

データを収集しながら客観的に内容を見直しながら、業務の効率化を製造業DXによって進めていきましょう。非効率になっている時には、特に自動化などのシステムを取り入れて改善を目指していくことが求められます。推進していく上で重要なポイントは、細分化してワンポイントとなる事柄を見つけて取り組んでいくことです。

一部を改善していくだけならば、業務全体の大きな変更はありません。業務の一部で自動化などシステム化することによって、負担を軽くしながら状況を確認することができます。効果を検証しながら、徐々に製造業DXを進めることで全体的に大きな変化を安全に行うことができます。

環境が整ったところで顧客を育てていく

ある程度環境が整ってきたところで、顧客満足度を高める活動へと移行していきます。製品については販売だけでなく、顧客が希望するニーズを把握して動くことが求められます。変化に柔軟に対応していきながら、ビジネスモデルも変えていくことを模索することになります。

継続して変化することで、データも非常に大きくなっていきます。そこから価値を生み出して、新しいプロセスも生まれることでしょう。目指していく目標も明確になっていき、最初に考えたイメージ通りの動きができているか判断することもできます。

さいごに

製造業DXを導入していく時には企業全体で考えていきながら、どうしても人員を増やさないといけない業務かどうか判断することが重要です。そして自動化することができる業務については、少しずつデジタル化を進めていきましょう。次第に導入してイメージ通りの業務ができてくると、新たな顧客を生み出すチャンスも生まれます。課題から見出して、製造業DXの導入を成功させましょう。

SEIZONEバナー3